IT企業で働くアラサーゆるママ日記

2017年6月男の子出産。2018年4月に認可保育園への入所を目指して、2017年10月より認可外保育園に子供を預けて仕事復帰しました♪

出生届を生後7日以内に提出した方がいい3つの理由

こんにちは。みなさん、産まれたら絶対出さないといけない書類って何だか知ってます?そう、出生届です。

しかもこの出生届、産まれてから14日以内に提出しないといけないんです。(正確には14日過ぎても受理してもらえますが、5万円の罰金が発生します)

私たちの場合本当に名前が決まらなくて、提出期限の日の夜23時に決まり、滑り込みで旦那さんが区役所の夜間受付に提出してくるというギリギリっぷり。

ようやく提出出来て安心していたのもつかの間、今になって14日目ではなくもっと早く出しておくべきだったと後悔。それも出来れば産まれて7日以内。今日は私がそう思う理由をご紹介します。

 

1.お七夜に間に合う

お七夜とは…

赤ちゃんとその子につけた名前をお披露目し、家族や地域の人々、その土地の産神(うぶがみ)に報告する日とされている日本の風習です。「命名式」とも呼ばれています。出典:https://192abc.com/37454

赤ちゃんとその子の名前をお披露目してお祝い膳などを食べるみたいです。赤ちゃんが産まれるとよく見るこの命名書。この命名書と赤ちゃんを一緒に写真撮って、みんなに名前の報告が出来るといいですよね。 f:id:mattilda:20170803121146p:image

お七夜は生後7日目に行うのが基本のようですので、それまでに名前が決まって出生届を出しておけばスムーズに行えるはず。ちなみに我が家は、達筆な父が命名書を書いてくれましたが当然お七夜に間に合うわけも有りませんでした。。とほほ。

 

 

2.児童手当類の書類、保険証(1ヶ月検診用)

産後には提出しないといけない書類が山ほどありますが、全て名前が決まらないと何も提出できません。私はこれが一番こまった。まず、児童手当の申請書類。児童手当は申請しないともらえず、手当は申請月の翌月分から支給されます。私は名前が決まらなかったため申請出来ず、産まれた翌月申請したので1カ月分損してしまいました。。(´;ω;`)泣

※ちなみに月末に産まれる子には、猶予期限が少しあるみたいなので自治体に問い合わせください。ちなみに私の区では「月末に近い場合、出生日の翌日から15日以内の申請であれば出生月の翌月から支給」とのこと。

また1カ月検診に保険証が必要ですが、すぐに出来るものでもありません。会社の方にお願いする人も多いと思いますので、余裕を持ちたいところ。出生14日後の申請だと、保険証到着はギリギリでした。。それに子供の銀行口座など保険証がないと作成できないパターンなどもありました。(住民票でも可能。)

さらに東京都だと医療証ももらえますが、これももちろん名前が決まってないと申請できません…。

 

3.予防接種の予約表の順番

最後にこれ!生後2か月頃から予防接種が始まります。費用はほぼ無料で自治体から案内の封書が来て病院に予約をとるのですが、この封書は出生届の受理した順番に届くらしいんです。

赤ちゃんの予防接種は受ける数も多く、〇日以上開けないといけないなど細かいルールが多くて、この予防接種を管理するだけのスケジュールアプリも多数出てるほど管理が大変とのうわさ。自分の予定や病院の空き具合なども関係してくるので、早めにスケジュール組みたいんですが、なんせ封書が来ないと何もできない!泣

出生届を早めに出しておくべきだったと、今激しく後悔してます。。

 f:id:mattilda:20170803121218p:image

もちろん、一生ついてまわる大事な名前ですからギリギリまで悩みたいですよね。ただ自分の経験上、候補だけでも早く決めてなるべく早く名前も決めたほうがいろいろ楽だったなぁと思いました。よかったら参考にしてみてください♪